新築の建売を安く購入できるお店

㈲みどり不動産|北九州

不動産

【ステップ①】不動産の仲介の仕組みを知らなければ損をする!

更新日:

ハートの雲と家

この記事は、新築の建売を購入したい方、購入検討中の方、また将来購入する可能性のある方を対象に「後悔しないための新築の建売の買い方」について書いています。

建売の仲介の仕組みを理解しよう

新築の建売を購入したい時、どこで購入しますか?

色々な建売メーカーがありますが、メーカーによって自社商品の販売を直接しているところと、していないところがあります。

大手建設会社の建売メーカーは、商品の販売を直接おこなっておりません。

では、どのようにして販売しているかと言うと、
地元の不動産仲介会社(以下:仲介会社)に販売委託しているのです。

そのため、複数の仲介会社が大手建売メーカーの新築の建売を販売してます。

不動産情報サイトで検索したときに、
おなじ物件を複数の不動産会社が掲載しているのをよく見かけませんか?

それは、不動産会社がその物件を「仲介」として販売しているからです。

つまり、新築の建売はどこの仲介会社も「仲介」として販売することができるのです。

い換えれば、

どこの仲介会社でも新築の建売の購入ができる

ということです。

  • 大手建売メーカーは、自社物件を直接販売していない。
  • どこの仲介会社に頼んでも、新築の建売は購入できる。

建売の仲介のお金の流れを把握しよう

建売の仲介では、仲介会社が物件の仕入れをすることは無く、建売メーカーから買主へ物件を受け渡すお手伝いをします。

仲介会社は、受け渡しのお手伝いの手数料として、建売メーカーと買主の両方から仲介手数料を受領します。

建売の仲介のメリットとは

こんな時も仲介会社は選べる!

不動産情報サイト

不動産情報サイトで物件検索したとき、同じ物件を複数の仲介会社が掲載しています。
これは、仲介会社が「仲介」で販売しているから。

自己で所有しているわけでも、独占販売しているわけでもありません。

なので、サイトに掲載していない仲介会社からも建売の購入ができます。

現地販売会/オープンハウス

物件の現地に行くと、不動産会社の看板がかかっています。

一見、その不動産会社だけが販売しているように思いますが
それは違います。

看板をかけているのは、建売メーカーから優先的に現地販売を許可された仲介業者です。
一定の間隔で現地販売する仲介会社は入れ替わります。

なので、他の不動産会社の看板がかかっていても、仲介会社は案内できます。

不動産広告チラシ

不動産広告やチラシも同じです。

不動産広告には、「取引態様」の明示義務があります。
取引態様とは、不動産取引における宅地建物取引業者の立場を示すもの。

「仲介」や「媒介」と明示されていたら、仲介できます。

【不動産の仲介の仕組みを知らなければ損をする!】まとめ

詳しく言うと、物件概要の「取引形態」や「取引態様」に「仲介」や「媒介」と記載されているなら、他の仲介会社も販売が出来ます。

建売の購入は、どこの仲介会社でも出来る!

賢く安く購入するための、基本中の基本です。

ちなみに、当社 みどり不動産も、不動産の仲介業者です

独自のサービスで建売の販売を専門に行っております

【ステップ①まとめ】建売の購入はどこの不動産会社(仲介会社)でも出来る。

それでは、「ステップ②本体価格の値引きは仲介会社によって違うのか?」に進みましょう。

お問い合わせボタン
  • この記事を書いた人

TOTSUGAWA

-不動産

Copyright© ㈲みどり不動産|北九州 , 2019 All Rights Reserved.